トップページ >引越ししたら郵便局に転送届けを出そう

引越ししたら郵便局に転送届けを出そう

引越しする際に必要な手続きとしては、郵便局への移転連絡も必要です。生活していると、何かと郵便物が届きますね。引越しした後の新居を郵便局へきちんと移転連絡しておかないとこれまで届いていた郵便物が新居へ届かなくなります。

 

私も以前、初めて引越しをした際に郵便局への移転手続きが必要な事を知らずそのままの状態にしておいたのですが、いつも届くはずの郵便物が届かないため近くの郵便局へ問い合わせして見た所、移転連絡をしていないため新居へ郵便物を届ける事が出来なかったようです。

 

すぐに近くの郵便局へ出向き、転居届を貰い記入して提出する事で新居へ郵便物が届くようになりました。

 

引越しの際の郵便局への移転連絡は、引っ越す前に住んでいる地域を管轄する郵便局へ特別な事情が無い限り、本人が連絡を行い、手続きの際に郵便局から貰う転居届と印鑑の提出が必要となります。

 

もし、今回みたいに郵便局への移転連絡をしなかった場合でも手続きを行う事で、前に住んでいた住所へ送られていた郵便物も新居への配達を行ってくれます。

 

引越しとなると、郵便局への移転連絡の他にも様々な手続きが必要となり、きちんとわかっていないと連絡しなかったり忘れたりすることが意外に多いんですよね。これが、大事な郵便物だと大変ですね。

 

引越し前となると、何かとバタバタしやすくなるため引越し先が決まったらその他の手続と同じくすぐに連絡を行う事で忘れると言った事を防げることでしょう。